Phoneのカメラでメモを使って書類をPDFに簡単に変換する方法2

カメラ機能

iPhoneのカメラで書類をスキャンしてメモアプリでPDFにする方法

「iPhoneのカメラで書類をスキャンしてPDFファイルに変換したい!」

「iPhoneの標準アプリだけでPDFを作成する方法は?」

「作成したPDFに注釈をつけたり、メールで送信するには?」

 

特別なアプリやスキャナーを使わずに、iPhoneの「メモ」アプリだけで、書類をカメラでスキャンしてPDFファイルを作成することができます。

そこで今回はつぎの3つの方法について解説します。

  1. iPhoneのカメラで書類を「メモ」アプリでスキャンしてPDFにする方法
  2. スキャンしたPDFに注釈をつけたりファイル名を編集する方法
  3. 「メモ」でスキャンしたPDFファイルをメールで共有する方法

 

iPhoneの標準アプリ「メモ」だけで、書類をスキャンしてPDFファイルを作れるなんてちょっと驚きですね。

さらにPDFファイルに注釈をつけたりメールで共有することができてしまいます。

 

相手に共有したいメモ書きは、iPhoneでPDFにしてメールで送ればとても簡単で便利ですよ!

 

iPhoneのカメラで書類を「メモ」アプリでスキャンしてPDFにする方法

iPhoneのカメラで種類をスキャンして、標準アプリの「メモ」だけでPDFファイルを作成することができます。

特別なアプリをインストールする必要がないので、いますぐできるとても便利な方法です。

 

iPhoneの「メモ」アプリで新規メモを立ち上げて撮影する

まずはiPhoneの「メモ」アプリを立ち上げて、右下にある「新規メモ」のアイコンをタップします。

「メモ」アプリを立ち上げて右下にある「新規メモ」のアイコン2

 

「カメラ」のアイコンを選択して、「書類をスキャン」をタップしてください。

「カメラ」のアイコンを選択して「書類をスキャン」をタップ

 

撮影モードが立ち上がったので、PDFにスキャンしたい書類やメモにカメラをかざします。

対象となる書類がキレイに画面に収まると「黄色い枠」が表示されてiPhoneが自動的に「カシャッ!」と撮影します。

対象となる書類がキレイに画面に収まると「黄色い枠」が表示されてiPhoneが自動的に撮影2

 

続けて別の書類をスキャンする場合は、「つぎのスキャンの準備ができました。」と表示されているので、そのままつぎの書類を撮影することができます。

「つぎのスキャンの準備ができました。」と表示されているので、そのままつぎの書類を撮影

 

書類のスキャンを終了する場合は、右下の「保存」をタップして、右上の「完了」をタップすればPDFファイルのできあがりです

書類のスキャンを終了する場合は右下の「保存」をタップして、右上の「完了」をタップすればPDFファイルのできあがり

 

しっかりと「メモ」の中に書類をスキャンしたPDFファイルが保存されています。

「メモ」の中に書類をスキャンしたPDFファイルが保存

 

iPhoneのカメラが自動認識で撮影しない場合

撮影モードのときにiPhoneが書類を認識せずに自動的に撮影されない場合は、自分でシャッターボタンを押して撮影します。

自動的に撮影されない場合は自分でシャッターボタンを押して撮影

 

その場合は撮影した後に、書類の隅を調整する「白い印」が出てくるのでドラッグして対象の書類の「角」に「丸い印」を合わせてください。

書類の隅を調整する「丸い印」が出てくるのでドラッグして対象の書類の「角」に「丸い印」を合わせる

 

「丸い印」を対象の書類の「角」にすべて合わせたら、右下の「スキャンを保持」をタップして、「保存」をタップします。

右下の「スキャンを保持」をタップして、「保存」をタップ

 

これでスキャンしたい書類の縦横の比率が調整されて、キレイなPDFファイルになりました。

書類の縦横の比率が修正されて、キレイなPDFファイルになる

 

「メモ」アプリに保存されたPDFを確認する

「メモ」アプリで保存されたPDFは、いつでも「メモ」アプリを立ち上げれば確認することができます。

ホーム画面から「メモ」アプリを立ち上げて、保存したPDFファイルのメモをタップします。

 

保存したPDFファイルのメモをタップするとPDFを確認

 

書類をスキャンして作成したPDFが保存されていることを確認できます。

書類をスキャンして作成したPDFを確認できます

 

注意 保存されたPDFファイルは「写真」アプリでは確認できないので注意してください!

PDFはあくまでも「メモ」であり、写真ではないということですね。

保存されたPDFファイルは「写真」アプリでは確認できない

 

スキャンしたPDFに注釈をつけたりファイル名を編集する方法

iPhoneのカメラでスキャンしたPDFファイルに注釈をつけたり、ファイル名を編集することができます。

注釈をつけたりファイル名を編集するのも「メモ」アプリですべてできてしまいますよ!

 

「メモ」アプリを使ってPDFファイルに注釈をつける

「メモ」アプリで注釈をつけたいPDFファイルを選択し、右上の「共有」アイコンをタップします。

注釈をつけたいPDFファイルを選択し右上の「共有」アイコンをタップ

 

「マークアップ」をタップすると、画面の下にペンやマーカーなどが表示されます。

「マークアップ」をタップすると画面の下にペンやマーカーなどが表示

 

ペンの太さやカラーを選択して、画面を指でなぞると注釈を入れることができます。

ペンの太さやカラーを選択して、画面を指でなぞると注釈を入る

 

右にある「+」をタップすれば、「テキスト」や「署名」、吹き出しとかも挿入可能です。

右にある「+」をタップすれば、「テキスト」や「署名」、吹き出しとかも挿入可能

 

PDFに注釈を入れたら、最後に左上の「完了」をタップして、PDFファイルのできあがりです。

最後に左上の「完了」をタップしてPDFファイルのできあがり

 

「メモ」アプリに保存されたPDFのファイル名を修正できる

「メモ」アプリに保存されたPDFのファイル名を修正することもできます。

「メモ」アプリでファイル名を修正したいPDFファイルを選択して、画面上の「ファイル名」のところをタップします。

ファイル名を修正したいPDFファイルを選択して画面上の「ファイル名」のところをタップ

 

「名称変更」のボックスが出るので、テキストでファイル名を変更して「保存」をタップしたら「ファイル名」が変更されます。

テキストでファイル名を変更して「保存」をタップしたら「ファイル名」が変更

 

ここでPDFのファイル名が変更できました!

 

「メモ」でスキャンしたPDFファイルをメールで共有する方法

iPhoneの「メモ」でスキャンしたPDFファイルは、メールで相手に共有することができます。

まず「メモ」でメールで共有したいPDFファイルを選択して、右上の「共有」アイコンをタップします。

メールで共有したいPDFファイルを選択して右上の「共有」アイコンをタップ

 

「メール」アプリや「LINE」、「Gmail」などで共有することができるので、今回は「Gmail」を例にして送信してみます。

「メール」アプリや「LINE」、「Gmail」などで共有することができる

 

PDFファイルが添付された状態でGmailが立ち上がるので、「件名」や「送信先」、「本文」などを入力して送信すればOKです。

「件名」や「送信先」、「本文」などを入力して送信すればOK

 

実際に添付送信されたPDFファイルをパソコンで確認してみると、しっかりとPDFファイルで共有されたことがわかります。

しっかりとPDFファイルで共有されたことがわかる

 

「メモ」でPDF化したファイルは「ファイル(Files)」に保存できる!

iPhoneの「メモ」でPDFに変換したファイルは「ファイル(Files)」に保存できます。

今回は「ファイル(Files)」の「iCluud Dive」に保存してみましょう。

 

PDFファイルを表示している画面で、右上の「共有」アイコンをタップして、「”ファイル”に保存」をタップします。

右上の「共有」アイコンをタップして、「”ファイル”に保存」をタップ

 

「iCluud Dive」を選択して、右上の「保存」をタップすることで「iCluud Dive」にスキャンしたPDFを保存できました。

「iCluud Dive」を選択して、右上の「保存」をタップする

 

「iCluud Dive」にちゃんと保存できたか確認してみましょう。

ホーム画面で「ファイル」をタップして、「iCluud Dive」をタップします。

「ファイル」をタップして、「iCluud Dive」をタップ

 

「iCluud Dive」にPDFファイルが保存されたことを確認できます。

「iCluud Dive」にPDFファイルが保存されたことを確認

 

iPhoneのカメラで簡単にスキャンしてPDFファイルを共有しよう!

iPhoneの「メモ」アプリだけで書類をスキャンしてPDFに変換することができます。

しかも「メモ」アプリで注釈をつけたり、メールで相手に共有することもできてしまいます。

 

今回は知っておくと便利なワザとして、以下の3つの方法を紹介しました。

  1. iPhoneのカメラで書類を「メモ」アプリでスキャンしてPDFにする方法
  2. スキャンしたPDFに注釈をつけたりファイル名を編集する方法
  3. 「メモ」でスキャンしたPDFファイルをメールで共有する方法

 

iPhoneなら特別なアプリをインストールしなくても、すぐに書類をスキャンしてPDFファイルを作成することができます。

わざわざスキャナーを準備する必要もないので、とても簡単です。

 

共有したい書類があった場合は、iPhoneでPDF化してメールで送れば相手のPCでも確実に閲覧できるので安心ですね!

 

-カメラ機能

Copyright© カメラ辞典 , 2021 All Rights Reserved.