iPhoneでLive Photosを常にオフにしてカメラ撮影する方法2

カメラ機能

iPhoneでLive Photosを常にオフにしてカメラ撮影する方法

「Live Photosの機能をオフにして写真を静止画で撮りたい」

「Live Photosの写真が毎回微妙に動くのがイヤだ」

「Live Photosでストレージの容量を消費したくない」

 

iPhoneのLive Photosの機能っていらないんじゃないの?って思いますよね。

そんなあなたへLive Photosの機能をオフにする2つの方法を解説します。

  1. Live Photosの機能を完全にオフにして常に無効にする方法
  2. カメラを起動するたびにLive Photosの機能を解除してオフにする方法

 

もしあなたが

「今後の写真はすべて静止画で撮影したい!」

って思うならば、「①Live Photosの機能を完全にオフにして常に無効にする方法」をオススメします。

 

ただ

「SNSとかにアップするから、LivePhotosで撮影する機会もゼロではないんだよね・・・」

っていうような人には「②カメラを起動するたびにLive Photosの機能を解除してオフにする方法」という選択もあります。

 

Live Photosの機能をオフにしてしまえば、撮影した写真が微妙に動くこともなくなるし、ストレージの容量も節約できますよ!

 

Live Photosの機能を完全にオフにして常に無効にする方法

iPhoneカメラの初期状態では、Live Photosの機能が常に有効になっています。

なのでLive Photosを完全にオフにするためには、以下のステップが必要です。

【手順①-1】カメラのLive Photos機能をオフにする

・・・Live Photosの機能を無効にします

【手順①-2】iPhoneのカメラの「設定を保持」を有効にする

・・・Live Photosを無効にした設定状態を常に保持します

【手順①-3】Live Photosの機能がオフになったことを確認する

・・・カメラアプリを立ち上げて正しく設定できたか確認します

順番に見ていきましょう。

 

【手順①-1】カメラのLive Photos機能をオフにする

まずiPhoneのカメラアプリを立ち上げて、Live Photosの機能をオフにします。

iPhoneのカメラのLive Photos機能をオフにする

これでLive Photosの機能がオフになりました。

以下のような画面になって「LIVEオフ」が表示されていればOKです。

iPhoneのカメラのLive Photos機能がオフになった状態2

 

ただ・・・ここで注意!

これだけだと、一時的にLive Photosの機能がオフになっただけなんです。

なのでLive Photosの機能を完全にオフにして常に無効にするためには、「Live Photosの機能をオフにした設定状態」を保持する必要があります。

 

このままでは、カメラを再起動するとLive Photosの機能がまたオンになってしまう

 

【手順①-2】iPhoneのカメラの「設定を保持」を有効にする

待受画面から「設定」に入り、「カメラ」を選択します。

iPhoneの設定からカメラを選択する

 

つぎに「Live Photosのオフの状態」を常に保持するために、「設定を保持」から「Live Photosのスイッチ」を有効にします。

iPhoneののカメラのLive Photosの設定を保持する3

 

これでLive Photosの機能が完全にオフになりました!

iPhoneののカメラのLive Photosの機能が完全にオフになる3

 

【手順①-3】Live Photosの機能がオフになったことを確認する

待受画面からカメラのアプリを選択して立ち上げると、Live Photosの機能が常にオフになっていることが確認できます。

Live Photosの機能がオフになっていることを確認する2

 

これでLive Photosの機能を完全にオフにできました。

 

Live Photosオンのときはシャッター音が「ピロ~ン」だったけど、オフにして静止画を撮影すると「カシャッ」というシャッター音に変わります

 

Live Photosをオフにしたら、これから撮影する写真はすべて静止画のjpgファイルで保存されます。

もうLive Photosの動画ファイル(movファイル)で撮影されることはなくなります。

これだけでもだいぶストレージの容量が節約されますね!

 

 

カメラを起動するたびにLive Photsの機能を解除してオフにする方法

Live Photosの機能を常にオフにする方法を紹介しました。

ただなかには

「毎回カメラを起動するたびに、自分で選択してLive Photosの機能を解除できるようにしたいんだけど・・・」

「SNSでLive Photosを動画としてアップすることもあるんだけど・・・」

っていう人もいますよね。

 

そんな場合はiPhoneの「設定」で「設定を保持する」を無効のままにしておきましょう。

カメラ起動時に静止画を撮影したいときだけ、Live Photos機能を解除する

※ カメラの「Live Phptosの機能」について「設定を保持」を有効にしない

 

毎回カメラアプリを起動したときに、静止画で撮影したいときだけLive Photos機能を解除してください。

 

カメラ起動時に静止画を撮るときだけLive Photosを解除する

カメラを起動して静止画で撮影したいときだけ、カメラアプリ画面の右上のLive Photosのマークをタップしてオフにします。

カメラ起動時に静止画を撮影したいときだけLive Photos機能のオフを選択する3

 

Live Phptosの機能について「設定を保持」を有効にしない

Live Phptosの機能を常にオフにするわけではないので、カメラの設定で「Live Photosの機能」について「設定を保持」を無効のままにしておきます(有効にしない)。

Live Photos機能の設定を保持しない

 

仮に一度Live Photosの機能を解除してオフにしても、カメラを再起動するたびにまたLive Photosの機能がオンに戻ります。

あなたが静止画を取りたいときだけ、Live Photosの機能をオフにしてください。

 

Live Photosが必要ないならオフにしてしまおう!

Live Photosの機能をオフにする方法を紹介しました。

  1. Live Photosの機能を完全にオフにして常に無効にする方法
  2. カメラを起動するたびにLive Photosの機能を解除してオフにする方法

 

どちらもLive Photosの機能をオフにして、静止画ファイルを撮影できる方法です。

ただ・・・

「常にLive Photosの機能をオフにして写真は全部静止画で撮りたい!」

っていう場合は「①Live Photosの機能を完全にオフにして常に無効にする方法」をオススメします。

実際にLive Photosを完全にオフにして、すべて静止画で撮影しても全く問題ないですよ!

 

Live Photosの機能を常にオフにしてしまえば

  • 撮影した写真が微妙に動くこともなくなる
  • ストレージの容量も節約できる

っていうメリットが生まれます。

Live Photos機能がオフならば、常にすべて静止画で撮影できるのでガンガン写真を撮影できますよ!

 

 

-カメラ機能

Copyright© カメラ辞典 , 2021 All Rights Reserved.