iPhoneカメラのLive Photosの容量の大きさとステレージ超節約法2

カメラ機能

iPhoneカメラのLive Photosの容量の大きさとステレージ超節約法!

「Live Photosってどれぐらいの大きさのファイル容量なのか気になる」

「Live Photosで撮った写真のファイル容量を減らしたいんだけど?」

Live Photosは「3秒間の動画ファイル」なので容量の大きさが気になりますよね。

 

ストレージの容量は限られているので、できれば容量を節約したいです。

 

そこで今回は

  1. Live Photosのファイル容量を測定したら、なんと静止画の約2倍と判明!
  2. Live Photosを静止画に換えて保存して容量を節約する方法

っていうことについて解説します。

 

この記事を読むことで、Live Photosファイルを静止画に換えて容量を節約することができます。

「ストレージの残量が気になる!」

「1枚でも多く思い出の写真を撮りたい!」

っていう人はぜひ試してみてくださいね!

 

iPhoneのLive Photosの容量は静止画の約2倍!

iPhonenのLive Photosって、単純な写真ファイルじゃなくて「3秒間の動画ファイル」なので、普通の静止画ファイルより容量が大きいです。

 

そこで

「Live Photosって、実際どれぐらいのファイル容量なのか?」

っていう疑問に答えるために、iPhoneで撮影したLive Photosファイルをパソコンに転送して容量を調べてみました。

 

サンプルとして調べたのは以下の3つのファイル。

iPhoneのLive Photosの3つの比較写真

シチュエーションの違う3つのパターンでファイル容量を計測です。

 

比較方法

それぞれ3つの写真について

  • Live Photosファイル(movファイル)
  • 「キー写真」になっている静止画ファイル(jpgファイル)

のファイル容量を比較しています。

 

Live Photosファイルと静止画ファイルの容量比較の結果

①海、②ハト、③植木の3つのファイルについて、「Live Photosファイル」と「静止画ファイル」のファイルサイズを比較してみました。

 

Live Photosファイル
(.mov)
静止画ファイル
(.jpg)
iPhoneのLive Photosの写真_1海2 9.53 MB 5.60 MB
iPhoneのLive Photosの写真_2ハト2 7.83 MB 4.83 MB
iPhoneのLive Photosの写真_3植木3 9.63 MB 4.06 MB
平均 約8.99 MB 約4.83 MB

 

多少の誤差はあるけど、「Live Photosファイル」は「静止画ファイル」の約2倍ぐらいのファイル容量になっています。

 

Live Photosの実際の消費ストレージは静止画のみの約3倍!

「ふ~ん、なんだ、2倍程度か・・・」

って思いましたか?

 

でも実際に消費しているストレージは、「Live Photosファイル」と「静止画ファイルのみ」では約3倍になっていることに注意してください!

 

Live Photosの場合は「キー写真」の静止画も一緒に保存されている!

 

①「Live Photosファイル」を保存している場合

「Live Photosファイル」+「静止画ファイル」

・・・約13.82 MB(8.99 MB+4.83 MB

②「静止画ファイル」のみを保存した場合

「静止画ファイル」のみ

・・・約4.83 MB

→ ①は②の約3倍!

 

っていうことは結論としてつぎのようなことが言えます。

 

Live Photosカメラで撮影すると、普通の静止画写真より、ストレージ容量を3倍消費してしまう!

 

Live Photosを静止画として保存して容量を節約する方法

もしあなたが

「ストレージの容量を少しでも節約したい!」

って思うのなら、「Live Photosで撮影したファイル」を「静止画ファイル」に変換して容量を減らして保存しておきたいですよね。

 

そこで「Live Photosで撮影したファイル」を「静止画ファイル」に変換して保存する方法をつぎの3つの手順で解説します。

3つの手順
  1. Live Photosの「キー写真」を静止画に複製保存する
  2. アルバムからLive Photosファイルを削除する
  3. 「最近削除した項目」内のデータを完全に削除する

 

手順①Live Photosの「キー写真」を静止画に複製保存する

まずはじめに、Live Photosで選択されている「キー写真」を「静止画」として複製保存します。

 

【手順①-1】複製保存するLive Photos写真の共有アイコンをタップ

容量を節約するために「静止画」を複製保存する「Live Photos」の写真を選択して、左下の「共有」アイコンをタップします。

iPhoneのLive Photosの複製保存したい写真の共有アイコンをタップ

 

【手順①-2】「複製」をタップして「通常の写真として複製」をタップ

「複製」をタップした後に「通常の写真として複製」をタップします。

iPhoneのLive Photosの複製をタップして通常の写真として複製をタップ

 

これで「キー写真」に設定された静止画が、「Live Photos」の写真とは別に「jpgファイル」として新しく複製保存されました!

 

 

手順②アルバムからLive Photosファイルを削除する

「Live Photosのファイル」から「jpgファイル」が複製されたけど、このままでは「Live Photosのファイル」と「jpgファイル」の両方が保存された状態です。

なので容量を節約するためにアルバムから「Live Photosファイル」を削除します。

 

【手順②-1】元となるLive Photosファイルを削除する

「通常の写真として複製」をタップした後に、Live Photosファイルを削除してしまいます。

iPhoneのLive Photosファイルを削除する

 

【手順②-2】アルバムには静止画のjpgファイルだけが残る

元となるLive Photosファイルを削除したので、静止画のjpgファイルだけが残りました。

iPhoneのLive Photosファイルを削除してjpgファイルだけが残る

これでアルバムからLive Photosファイルが削除されました。

ただ・・・

このLive Photosファイルは、まだ完全にiPhoneのストレージ内からは削除されていないのです!

なぜなら、まだLive Photosファイルは「最近削除した項目」に保存されて残っているからです。

 

アルバムから削除したファイルは、一時的に「最近削除した項目」に保存される

 

手順③「最近削除した項目」内のデータを完全に削除する方法

Live Photosファイルを完全に削除して、ストレージ内の容量を確保するためには、最後に「最近削除した項目」から削除する必要があります。

 

【手順③-1】アルバム一覧画面に移動する

写真一覧画面の左上にある「アルバム」をタップして、アルバム一覧画面で下の方へスワイプして画面を一番下に移動させます。

iPhoneのアルバム画面に移動する2

 

【手順③-2】「最近削除した項目」を選択する

「最近削除した項目」をタップして、完全に削除するLive Photosファイルをタップします。

iPhoneのアルバム画面の下にある最近削除した項目をタップ

 

【手順③-3】Live Photosファイルを完全に削除する

選択したLive Photos写真の左下にある「削除」をタップして、完全に「写真を削除」します。

iPhoneのlivephotosを完全に削除する

 

これでiPhone内のストレージから完全にLive Photosファイルが削除されました。

かなりファイル容量が節約されましたね!

 

「最近削除した項目」から完全に削除したら、ファイルは復元できないので注意してください!

 

Live Photosのファイル容量が気になる場合は静止画に換えて保存しよう

iPhoneカメラのLive Photosのファイル容量は、静止画のjpgファイルの約2倍です。

しかもLive Photosファイルを保存している場合は、「Live Photosファイル」+「静止画ファイル」の2種類のファイルが保存されています。

 

  • 「Live Photosファイルを保存している場合」は、結局「静止画ファイルだけを保存している場合」の3倍の容量が発生している
  • Live Photosファイルを静止画ファイルに換えて保存することで、ストレージの容量を節約できる

 

なのでiPhoneのストレージの残量が気になる場合は、Live Photosファイルを静止画ファイルに換えて保存するのがよいでしょう。

ストレージの容量を節約できるので、さらに思い出の写真をたくさん残すことができますね!

 

限られたストレージ容量の中で1枚でも多くの写真を残したい場合は、Live Photosファイルを静止画ファイルに換えてみてください!

 

 

-カメラ機能

Copyright© カメラ辞典 , 2021 All Rights Reserved.