iiPhoneカメラのLive Photosで好きな静止画に切り取り保存する方法

カメラ機能

iPhoneカメラのLive Photosで好きな静止画に切り取り保存する方法

「iPhoneのLive Photosの静止画(キー写真)を自分の好きなところの写真に変更したい!」

「Live Photosからお気に入りの写真を切り取って複製保存ってできるの?

「Live Photosで撮影した写真が、毎回閲覧するたびに動くのがイヤだ」

 

そんなあなたの悩みを解決するつぎの2つの方法を解説します。

  1. Live Photosの静止画(キー写真)を好きな写真に変更する方法
  2. Live Photosで静止画を別の写真として複製保存する方法

 

これらの方法を知ることで、Live Photosカメラで撮影した写真をあなたのお気に入りのところの静止画に変更したり、別の新しい写真として保存することができますよ!

 

Live Photosから切り取られる静止画をお気に入りの写真に変更してみてくださいね!

 

①Live Photosの静止画(キー写真)を好きな写真に変更する方法

iPhoneのLive Photosカメラで撮影した場合、「シャッターを押す前後3秒間の動画」が撮影されています。

なので約3秒間の撮影の中から選ばれる「キー写真」を好きな静止画に変更したいときってありますよね。

 

Live Photosは3秒間の動画が撮影

こんなときのために「キー写真」を「自分の好きな静止画」に変更する方法を解説します。

 

step
1
「Live Photos」の写真を選択

写真アルバムから、「キー写真」の静止画を変更したい「Live Photos」の写真を選択します。

iPhoneのLive Photosの写真を選択2

 

step
2
「編集」をタップして編集画面へ

画面の右上の「編集」をタップして「Live Photos」の写真の編集画面にします。

iPhoneのLive Photosの写真を編集画面へ移る

 

step
3
左下の「Live Photos」のアイコンをタップ

画面の左下にある「◎」みたいな「Live Photos」のアイコンをタップすることで、「キー写真」の編集画面に移ります。

iPhoneのLive Photosのアイコンをタップ

 

step
4
白い枠をスライドさせる

画面の下に並んでいる写真の「白い枠」を指でスライドさせて、「キー写真」にしたいお好きな静止画を選びます。

iPhoneのLive Photosの白い枠を動かす2

 

step
5
「キー写真に設定」をタップして「チェックマーク」をタップ

白い枠の上の「キー写真に設定」をタップしたら、最後に右下に表示されている「チェックマーク」をタップします。

iPhoneのLive Photosのキー写真に設定

 

これでお気に入りの静止画を「キー写真」に設定できました!

 

step
6
最後にお気に入りの静止画が「キー写真」に設定されたことを確認

step5で「チェックマーク」をタップしたら、自分で選んだお気に入りの瞬間の静止画がちゃんと「キー写真」になって表示されます。

iPhoneのLive Photosのキー写真の前後2

 

さらにアルバムの一覧で見ても、ちゃんと自分で選んだ「キー写真」が静止画に反映されています。

ちゃんと正しくできたか確認してみましょう!

iPhoneのLive Photosのキー写真がアルバムにも反映される2

 

これであなたが好きなお気に入りのベストショットを「キー写真」に選ぶことができますね。

 

補足 「キー写真」を最初の元の静止画に戻す方法はつぎの通りです。

①「Live Photos」の「編集」をタップして、右下の赤字の「元に戻す」をタップします。

iPhoneのLive Photosのキー写真を元に戻す方法1

②「オリジナルに戻す」をタップすれば、最初の「キー写真」に戻ります。

iPhoneのLive Photosのキー写真を元に戻す方法2

 

②Live Photosで静止画を別の写真として複製保存する方法

「Live Photos」でお気に入りの静止画を「キー写真」にしたら

「お気に入りのキー写真を、Live Photosとは別の写真として複製保存したい!」

って思いますよね。

 

そこでここからは、Live Photosで「キー写真」となっている静止画を「別の新しい写真」として切り取って複製保存する方法を紹介します。

 

step
1
複製保存したい写真の共有アイコンをタップ

複製して保存したい「Live Photos」の写真を選択して、左下の「共有」アイコンをタップします。

iPhoneのLive Photosの複製保存したい写真の共有アイコンをタップ

 

step
2
「複製」をタップして「通常の写真として複製」をタップ

「複製」をタップした後に「通常の写真として複製」をタップします。

iPhoneのLive Photosの複製をタップして通常の写真として複製をタップ

 

これで「キー写真」に設定された静止画が、「Live Photos」の写真とは別に新しく複製保存されました!

iPhoneのLive Photosの写真と複製保存した写真

 

step
3
最後に「複製」された写真を確認する

実際に「Live Photosの写真」と、「複製された写真」が保存されているか確認してみましょう。

step2で「通常の写真として複製」をタップした後に、アルバム一覧画面を見てみます。

iPhoneのLive Photosと複製保存した写真2

 

これで「Live Photosの写真」と、「複製された写真」が両方保存されていることが確認できました!

 

ちなみに「Live Photos」の写真ファイルと、新しく複製保存された画像ファイルの形式はつぎの通りです。

  • Live Photosの写真ファイル・・・MOV(動画ファイル)
  • 複製保存された画像ファイル・・・JPG(画像ファイル)

Live Photosは、あくまでも「3秒間の動画」という扱いなんですね。

 

Live Photosファイルは複製した静止画ファイルの約2倍の容量

お気に入りの静止画をLive Photosから複製保存したら、元となるLive Photosの写真は削除してもよいか迷うところですね。

削除するかどうかの一つの検討材料としては

ストレージでの保存容量を抑えたいかどうか?

で考えるとよいでしょう。

 

Live Photosは実質「3秒間の動画ファイル(.mov)」なので、ファイル容量が気になる方も多いと思います。

 

参考までに以下の3つの異なるファイルについて、「Live Photosファイル」と「静止画ファイル」のサイズを比較してみました。

Live Photosファイル
(.mov)
静止画ファイル
(.jpg)
iPhoneのLive Photosの写真_1海2 9.53 MB 5.60 MB
iPhoneのLive Photosの写真_2ハト2 7.83 MB 4.83 MB
iPhoneのLive Photosの写真_3植木3 9.63 MB 4.06 MB
平均 約8.99 MB 約4.83 MB

 

「Live Photosファイル」は「静止画ファイル」の約2倍ぐらいのファイル容量ですね。

 

ということは・・・

①「静止画ファイル」のみの保存

・・・約4.83 MB

②「Live Photosファイル」と「静止画ファイル」を両方保存

・・・約13.82 MB(8.99 MB+4.83 MB)

→ ②は①の約3倍!

ということになり、「Live Photosファイル」と「静止画ファイル」の両方を保存していると、「静止画ファイル」のみを保存した場合より約3倍の容量を使用してしまうということです。

けっこう大きいですね。

 

なので

「お気に入りの写真を切り取って保存したから、Live Photosファイルはもういらない!」

っていう人は、Live Photosファイルは削除してもよいかもしれません。

 

Live Photosファイルは一度削除したら、元には戻せないので注意してください!

 

 

Live Photosの静止画をお気に入りの写真に変更しよう!

iPhoneのLive Photosで撮影された写真について

  1. Live Photosの静止画(キー写真)を好きな写真に変更する方法
  2. Live Photosで静止画を別の写真として複製保存する方法

を紹介いたしました。

 

Live Photosは3秒間の動画が撮影されているので、後で自分が好きな写真をじっくり選んで保存することができます。

 

Live Photosの複製保存の機能を使うことで

  • お気に入りの1枚を選んでベストショットを残せる
  • 静止画ファイルだけを残してLive Photosファイルを削除すれば容量が軽くなる
  • 閲覧のたびに毎回写真が動かなくなる

というメリットがあります。

ぜひLive Photosで撮影した写真から、あなたの一番好きな写真を切り取ってみてください!

 

 

-カメラ機能

Copyright© カメラ辞典 , 2021 All Rights Reserved.