iPhoneでカメラが勝手に起動しない設定方法と注意点を解説

カメラ機能

iPhoneでカメラが勝手に起動しない設定方法と注意点を解説

「ロック画面のはずなのに、いつの間にかカメラが勝手に起動していて困る!」

「iPhoneでロック画面からカメラが勝手に起動しないように設定したい!」

って思うときありますよね。

 

iPhoneでロック画面からカメラを起動しないようにする方法は

「カメラのアプリを無効化する」

という1つの方法しかありません。

 

ただ・・・

この設定には、「iPhoneのカメラ系のアプリすべてが使えなくなる」という欠点があります

 

なのでカメラをほとんど使わない人は、この際「カメラを無効化」してしまってもよいでしょう。

逆にカメラを使う場面がある人は注意すべき点があるので、これから解説する内容をよく読んでくださいね。

 

今回は以下の2点についてわかりやすく解説します!

  1. ロック画面からカメラが勝手に起動しないようにする設定方法
  2. カメラアプリを無効化することによる注意点

 

ロック画面でカメラが勝手に起動しないようにする設定方法

ロック画面なのに勝手にカメラが起動しないようにする設定方法について、以下の2つを解説します。

  1. 「設定→スクリーンタイム」からカメラの機能を無効にする方法
  2. いつのまにか勝手にカメラが起動してしまう原因

 

「設定→スクリーンタイム」からカメラを無効にする方法

iPhoneでロック画面から勝手にカメラを起動しないようにする方法はつぎの1つしかありません。

「①設定」→「②スクリーンタイム」→「③コンテンツとプライバシーの制限」→「④許可されたApp」からカメラアプリを無効にする

 

設定方法を順番に見ていきましょう。

 

step
1
「①設定」→「②スクリーンタイム」をタップする

「スクリーンタイム」ではアプリの機能制限を設定することができます。

iPhoneの設定→スクリーンタイム3

 

step
2
「③コンテンツとプライバシーの制限」→「④許可されたApp」をタップ

「許可されたApp」でアプリの機能制限を設定できます。

コンテンツとプライバシーの制限→許可されたApp

 

step
3
カメラアプリを無効にする

これで「カメラ」の機能を無効にできます。

iPhoneのカメラアプリを無効にする2

 

これで完全にカメラの機能がオフになりました。

待受画面から「カメラのアイコン」も無くなります。

 

iPhoneのカメラアプリを無効にする前後比較

 

いつのまにか勝手にカメラが起動してしまう原因

ロック画面でカメラが勝手に起動してしまう原因を解説します。

じつはiPhoneには、最初から以下のような2つの機能が備わっています。

【ロック画面からカメラを起動する機能】

  1. ロック画面で画面を左にスワイプするとカメラが起動する
  2. ロック画面の右下のカメラアイコンを長押しして離すとカメラが起動する

※ この2つの機能はパスコードでロックしていても有効です

ロック画面からカメラを立ち上げる2つの方法

上記の機能によって、いつのまにか「勝手にカメラが起動してしまう現象」が起きてしまいます。

 

たとえば・・・

iPhoneをポケットへ出し入れするときに指で触れてしまったり・・・

カバンの中で何かが触れて画面をスワイプしてしまったり・・・

これらが原因でカメラがいつのまにか起動してしまうのです。

 

iPhoneをポケットへ出し入れするときに指で触れてしまった

 

なのでロック画面でカメラが勝手に起動しないようにするには

「設定でカメラの機能をオフにする」

という方法が有効なわけですね。

 

iPhoneのカメラの機能自体が無効になってしまうので注意!

「スクリーンタイム」からカメラの機能を無効にする設定方法には1つ注意点があります。

それはiPhoneとしてのカメラの機能がすべて使えなくなることです。

 

カメラのアプリ自体が使えなくなる

「スクリーンタイム」からカメラの機能を無効にすると、iPhoneのカメラアプリの機能が全く使えなくなります。

ロック画面でカメラを起動できなくするだけでなく、カメラの機能を一切使うことがきません。

 

なので・・・

「あっ!カメラを使いたい!」

ってなったときは、また「スクリーンタイム」から設定しなおして、カメラの機能を有効化しなければいけません。

でも・・・

正直な話、ちょっと面倒くさいですね。

 

またiPhoneの設定からやり直しは面倒くさい

 

なので「スクリーンタイム」から設定で「カメラを無効化」する場合は

「カメラの機能を完全に無効にしてもホントに良いか?」

を考えて設定した方がよいです。

 

さらにカメラを使用するアプリも使えなくなる

iPhoneのカメラの機能が使えなくなってしまうので、カメラを使用するアプリも使用できなくなります。

たとえば「QRコード」のようなアプリも使えません。

 

「スクリーンタイム」からカメラの機能を無効にした後、「QRコード」のアプリを立ち上げようとすると・・・

 

QRコードも立ち上がらなくなる

 

エラーが表示されて「QRコード」のアプリが使用できません。

これは「QRコード」に限らず、カメラの機能を使用するアプリはすべて使用できなくなってしまいます。

これは困りますね。

 

「ロック画面からのカメラ起動だけ」をオフにはできない

「スクリーンタイム」からカメラの機能を無効にしてしまうと、いろいろと不便を感じますね。

なのでできれば

「ロック画面からのカメラ起動だけをオフにしたい!」

って思いませんか?

 

でも残念ながら、iPhoneにはその設定機能はありません。

ロック画面からカメラを起動しないようにするには、「スクリーンタイム」からカメラの機能そのものを無効にするしか方法がないのです。

 

子供が勝手にいじってしまう場合の対処法

「子供が勝手にいじってしまって、ロック画面からいつの間にかカメラが立ち上がっていて困る」

っていう人もいますよね。

 

子供が勝手にいじってしまってロック画面からいつの間にかカメラが立ち上がっていて困る

 

その場合はおそらく

「子供の写真はiPhoneで撮りたいけど、勝手にカメラが起動する機能はオフにしたい」

って思うはずです。

 

この場合はいまのiPhoneの機能を考えると

「子供の手の届かないところにはiPhoneを置く」

しか方法は無さそうです。

 

ロック画面を左にスワイプすることでカメラが立ち上がるのは

「子供の最高のシーンなど、シャッターチャンスを逃がさないため」

にある機能です。

一瞬でも速くカメラを起動させるために便利な機能なので、これを無効にしてしまうのはもったいないですね。

 

なので子供がいじってしまって困る場合は、iPhoneの設定に頼るのではなく、iPhoneの保管場所を検討した方が良いでしょう。

 

カメラを無効にする場合は慎重に検討してください

「スクリーンタイム」からカメラの機能を無効にする方法を解説しました。

カメラ機能を完全に使えなくするので、勝手にカメラが起動することはなくなります。

 

カメラの機能をそもそも使わない人は、割り切ってカメラの機能をオフにしてもよいかもしれません。

勝手にカメラが立ち上がってしまうイライラから完全に開放されます。

 

ただ逆にカメラを使う場面があるならば、この設定はあまりオススメできません。

以下のような方法でスマホを丁寧に扱うのが一番です。

  • ポケットの出し入れのときは、指で画面に触れないように注意する
  • カバンに入れるときは、カバンの中の小さなポケットなどにしまうようにする

 

あなたがカメラを日ごろ使うかどうかで検討してみてはいかがでしょうか!

 

-カメラ機能

Copyright© カメラ辞典 , 2021 All Rights Reserved.